teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:105/5889 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

誰にとっても

 投稿者:清水の信楽狸  投稿日:2020年11月23日(月)00時03分58秒
  通報
  今年ほど災難を実感した年はないでしょうが、案の定風邪が流行るのに比例するかのようにコロナも激増していますがとにかくお互い衛生に気を付けてとしか素人では言いようがありませんね。
で、gotoを巡る混乱の中、今回はYZF-R25をチョイスしました。
3年前にもライバルのCBR250RRを借りてその軽量さとパフォーマンスの高さにカルチャーショックを受けた記憶も残っておりどうしても比較を絡めてしまいますが、このカテゴリにしてはかなりアップライトなハンドルポジションなので疲れ知らずで170kgの軽量さも相まって取り回しは非常に楽、低速でも粘りのあるトルクと地に着いた安定感のある足回りによりタイトな峠道もグイグイと引っ張る一方、高速では14000rpm迄ストレスなく吹け上がりそれでいて足回りの破綻も全くなく、燃費はフルスロットルでやんちゃしても24、一般道での日常的なシーンでの使用で28~33(CBRRRは21~23)と、250クラスのオンロード車として”たいへんよくできました”との太鼓判が押せる万能選手であり、しかもCBRRRより(定価で)20万も安く買えるのは脱帽ものであり、使い切れないパフォーマンスを求めて5倍のカネを払ってR1Mを買うよりも、R25で使い切れるパフォーマンスに喜びを得ることの方がずっと賢明と思えてなりません(爆)。
しかし、裏を返せば刺激が足りないという事でもあり、デザインもカラーグラフィックのセンスも今一つ凡庸で好みが分かれるのは否めないため、CBRRRとどちらを買うかと言われると迷った末に結局スタイルとピーキーなパフォーマンス(YZF25RはTCを切り替えるモードがなくその分安いのかもしれませんが)を擁するCBRRRを選んでしまうでしょうね(笑)。
ただ古くは平忠彦、最近まではロッシと数多くの伝説とスターを生み出したメーカーなのだから、10万程プラスして悶スターエナジー、丸ボーロ、麒麟メッツ等往年のレーサーのグラフィックを選択オーダーできるシステムがあれば完璧なのですが、パテントやコンプライアンス(タバコのロゴがNG等)の現代では無理な話でしょうね(--)。
今年最後の3連休もあと1日。最近はバイクに乗ると疲れが翌日以降も引きずるようになってしまい、体を鍛えなくてはと思いつつも及び腰になってしまう今日この頃です(^^;)
 
 
》記事一覧表示

新着順:105/5889 《前のページ | 次のページ》
/5889