teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ★【N-moncler】 MONCLER(モンクレール) 専門店★ 秋冬ダウンジャケット新発売!!★(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:396/5250 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

残存体力の関係で

 投稿者:円秋@管理人  投稿日:2018年 6月18日(月)02時25分2秒
  通報
  済みませんがレスはまた明日にm(_ _)m

今日はまず昨日の続きのみ書きますが、前後サスを交換して各部にも手を入れたRSは
エンジンフルOH後12000キロも走っているのに慣らしが終わっていないため
(7000キロのところで事故に遭って、シリンダー等を交換して一からやりなおしているせい)
高負荷状態での走行をしておらず、従ってサスセッティングがきちんとできていない。
だから、足回りのパーツのグレード的には以前より随分上がったにもかかわらず
コーナリングそのものは以前より確実に遅くなっていてそれはやむを得ないんですが、
中断なく乗り続けているメガモト等と違ってRSは実質10年以上も中断を挟んでいるため
体が覚えている以前の走りのイメージと、加齢等によって変化した円秋の現在の走りにある
ギャップが如実に出てきて「こんな走りではなかった」感があるんですね。
15年ほど前にK1200Sの試乗記を書いた時にも「コーナリングは慣れた自分のRSの
方が速い」意味のことを書いていますが(勿論、慣れればSの方が速いのは明白)、
今のRSで当時のK1200Sより速く走れるとは思えない。要するに徐々に進行していて
これまであまり認識されてこなかったセッティングでどうこうできるレベルを超えている
自分の加齢によるパフォーマンス低下が久しぶりにRSで軽く走り込んだら
如実な形でわかってしまったということです。

さて問題はここから。これまでRSはあちこち手を入れてきたけれどあくまで
「R1100RSらしさ」は堅持することを第一にしていて、ハンドリングでは
”速く走らせるためにはある程度積極的な操作が必要だけど、やればそれに応える性格”という
存外マニアックな部分があるR1100RSの基本的な性格には手を付けず、
RTよりは操作が必要だけれど、よりイージーに速く走れる方向にシフトしたR1150RSの
性格には敢えて振ろうとしていなかったわけです。
ただ、今回乗って自分の能力低下を感じるとそこに拘るのがいいのか?という疑問が湧いてきて。
走っていての満足感を得るためにイージーに速く走れる方向に振るのは達成感を削ぐことにも
つながりかねず(パワーアップしてパワーバンドを広げたら乗りこなす楽しみが減った
アプリリアSXVの例もあるし)以前なら「R1100RSらしさ」にこだわる意義からも
絶対やらなかったと思うんですが、思うように走りができないストレスを抱えたまま
以前より低下した自分の能力で無理して走るのは明らかによろしくない。
ここは年齢に応じた走り方に切り替えるという意味でも、走りの間口を広げる方向に
一部の部品交換も含めてセッティングを出していくべきか、色々考えております。
(最終的には「男ならまずは行動だ」と試しにやってみるのではないかと思っていますが(;^_^A)
 
 
》記事一覧表示

新着順:396/5250 《前のページ | 次のページ》
/5250